高校留学のメリットとデメリット

subpage01

通常留学というのは一般的に大学生になってからというイメージがあります。このため、高校留学というのは留学時期がまだ早いのではないかという意見が多いのではないでしょうか。
それにもかかわらずどうして高校の段階から留学を考える必要があるのでしょうか。

それは昔に比べてより若い段階から海外に行って経験を積むことで語学や感性が見につきやすいと考えている人が多くなったからではないでしょうか。


しかも若いうちから様々な人種と交流を持つことで柔軟性の高い人間になります。

元々海外の大学に入学したい場合は尚更現地の高校を卒業しておくほうが大学留学から開始する場合に比べてスムーズに現地の大学に入学することができます。

たとえ高校留学のみで結局現地の大学に行かなかった場合であっても、その後に日本に戻れば帰国子女を受け入れてくれる大学に進むことができる可能性が残されています。

このように高校留学は様々なメリットがあります。

ボーディングスクールについてわかりやすく説明しています。

では一方で高校留学のデメリットはなんでしょうか。

YOMIURI ONLINEに関する詳細はこちらです。

それは私立の高校に進む場合はほぼ全寮制となっているという点です。

このため、留学費用が膨らんでしまいます。
また海外の生活に慣れていく必要があるため、その分学業に支障を来たす可能性があります。


それどころか語学学習も同時に進めて学校の授業内容を把握して試験を受ける必要があります。

現地生活、学業、語学を同時に進めて行くのは高い自己管理能力が必要です。



このため、高校生にはハードルが高くなるのです。