アメリカの高校留学で気をつけること

subpage01

アメリカに高校留学する場合はどのようなことに気をつける必要があるでしょうか。

まず気になるのは高校留学したいところがいかに安全な地帯であるのかということです。つまり治安が良くて日々生活していくうえであまり不安にならない場所がアメリカへの高校留学に相応しいと言えます。
間違ってもデトロイトなどの治安の悪い地域への留学は避けるようにしてください。
他の地域も気になる場合は、アメリカの各州の犯罪発生率を調べてみても良いかもしれません。
次にアメリカ留学で気をつける点は英語のヒアリングについてです。

アメリカは国土が広いためか各州同じ英語圏であっても話す英語の特徴が異なります。

ボーディングスクールが最近話題になっています。

特に訛りのある英語は日本人が苦手とする場合が多いようなので注意してください。
例えば、テキサスなどの南部の州は訛りが強く、また今もなお人種差別などの社会問題も抱えている地域です。


このため日本人の高校生がとても対応できる地域ではありません。

Girls Channelが勢いに乗っています。

最悪犯罪に巻き込まれる可能性が高くなります。このようにアメリカの高校への留学は事前の準備が大切なのです。


これら以外にもアメリカに滞在するスタイルをホームステイにするか寮にするかということで悩むものと思われます。


アメリカの場合は寮のほうを選ぶと良いでしょう。

アメリカの場合は寮が高校の敷地内にあるか、学校の近くにあります。



しかも寮にはその学校の教師やクラスメイトも多く住んでいるため、留学中何かと助けになるはずです。