ペットを死なせた場合における交通事故の慰謝料

バナー

ペットを死なせた場合における交通事故の慰謝料

交通事故の慰謝料の対象となるのはなにも人間だけではありません。

ペットもその対象となりえます。

交通事故の慰謝料の特徴を紹介するサイトです。

最近はペットを家族同様に扱っている人が多く、その思い入れも家族と同じくらいあります。
そのため、交通事故などでペットが亡くなってしまった場合の悲しみはとても大きく、慰謝料を請求する方が数多くいらっしゃいます。



この場合、加害者が被害者に払うべきペットにおける慰謝料の相場はペットの価値によって変動します。

例えば、ペットを購入した場合ならその購入金額が対象となります。

飼い主からしたらあまりに少なく、人と同じくらいの慰謝料を求めがちですが、世間一般の常識に照らし合わせるとやはりそこまでの額は認められないのが実情です。

賠償が認められたとしてもごくわずかなものにとどまると解釈した方がいいでしょう。

今探すならこちらのYahoo!ニュースの情報を得られます。

ペットが交通事故によって負傷した場合にはその治療費が対象となります。

ペットの場合、対物保険として扱われることになります。

これは対人保険、対物保険とカテゴリーが少ないため、人以外は全て物になるという解釈からペットも物として扱われます。


犬用シートベルトの着用や放し飼いによる交通事故など、飼い主に対する責任もこうしたケースは厳しく問われ、仮に認められても少額にとどまるのはこうしたことも大きいといえます。

自動車保険には自分のペットが車に乗っている時亡くなったり、負傷した場合には一定額の保険金が出る場合があるので、こうした保険に加入するようにしましょう。